子どもの可能性は無限大

パパっ子育児、パパ目線の知育情報ブログ

動物との距離感ゼロ!ふれあい移動動物園でエサやりに挑戦

岐阜県各務原市にある河川環境楽園オアシスパークに行ってきました。

お目当ては、世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふだったんですが・・・。

 

オアシスパークに期間限定で動物たちとふれあい体験ができる動物園が設置されていました。

それを見つけた3歳双子のわが子は、「動物だー」と言って大喜び!

今日は、水族館の予定だったのに・・・」と思いましたが、子供はもう動物園に行く気満々。

まあ、仕方がないと諦めて、子供たちと動物ふれあい体験をしてきました。

ヤギ、ヒツジ、アイガモ、チャボ、ウサギ、モルモットなどに触ったり、エサをあげたりしました。

 

普段、動物園に行くと動物たちは柵の中にいるので、ちょっと距離を感じます。

今回、間近で様々な動物とふれあうことができて子供たちは大喜びでした。

 

 

 

動物たちとのふれあい【3歳児】

食欲旺盛のヤギ、ヒツジにびっくり!

キャベツにニンジン、とうもろこし、干草などがお皿に入ったエサを購入して園内に入りました。

お腹が減っているのか、エサを持った子供たちを見つけると柵から身を乗り出して、ご飯をくれ!とアピールするヤギ。

子供たちは、ヤギの勢いにビビっていました。

エサをほしがるヤギ

 

少しずつ慣れてきた子供たち。

係のお兄さんに、「ヒツジとヤギは何でも食べるから、あげてごらん」と教えてもらいました。

はじめは恐る恐る皿ごとエサをあげていましたが、途中から手渡しで干草をあげていました。

 

怖がってエサやりできないかなと思っていましたが、心配しすぎでした。

パクパク、ガツガツ食べるヒツジやヤギは、子供たちに大うけでした。

エサやりが楽しかったようで、追加で4回エサを購入しました。

クロヤギにエサをあげる

シロヤギにエサをあげる

 

モルモットをナデナデする子供たち

お気にりのモルモットを見つけて、ナデナデと触りました。

モルモットは、他の動物たちと違ってエサへの執着心がなく大人しかったです。

子供たちは「どのエサを食べるの」と色々と口元に運んで実験?していました。

ニンジン、キャベツ、干草など試して、キャベツを食べることを発見した子供たちでした。

モルモットにエサをあげる

モルモットをナデナデ

 

シチメンチョウはちょっと怖い・・・

厳ついフォルムに独特の鳴き声のシチメンチョウ。

子供たちは、ビビッていました。

私もシチメンチョウの鳴き声を初めて聞きました。

 

係りのお兄さんからシチメンチョウは皿ごとエサをあげるように指示を受けた子供たち。

なんとか頑張って、皿を置きましたが。

お皿に穴が開くんじゃないかと思うほどの勢いで突っついて食べるシチメンチョウにびっくりでした。

大人の私でも、シチメンチョウはちょっと怖かったです・・・。

シチメンチョウ

シチメンチョウのエサやり

 

ウサギがお水飲んでる!?

ウサギが水を飲むところを初めて見た子供たち。

ウサギが水飲んでいる!?」と大きな声を出して驚いていました。

ウサギには、迷わずニンジンを差し出していましたよ。

ピョンピョン走るウサギを追いかけたり、触ったりと楽しそうにふれあっていました。

水を飲むウサギ


 

距離感ゼロ!見て・触れて・観察できる

動物を眺めることがメインではなく、間近で動物を見て・触れて・観察することができたので、子供たちは大満足でした。

 

動物の種類はそれほど多くなかったですが、エサやりを通して「この動物は何を食べるのか?」といったことを体感できたり、ヤギのツノを触って「硬いね」と感想を言っていたりと、動物たちのリアルを感じることができたと思います。

子供たちは本当に楽しそうでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。