子どもの可能性は無限大

パパっ子育児、パパ目線の知育情報ブログ

これで大丈夫!オムツ外し。親子で頑張るオムツ卒業までの道のり

オムツ卒業までの道のり

子供のトイレの問題について悩んでいる親御さんも多いんじゃないでしょうか。

 

私もいつかは卒業するだろうと安易に考えていました。

しかし、いつまで経ってもオムツは外れず。

子供たちが3歳を過ぎた頃から焦りはじめ、子供のトイレトレーニングを頑張るようになりました。

子供たちは3歳2ヶ月でオムツが外れました。

今回は、オムツ卒業をテーマにお届けします。

 

 

 

そもそもオムツ卒業の目安はいつか

オムツが外れる平均的な年齢は2歳半〜3歳半。

また、トイレトレーニングをはじめてからオムツ外れが完了するまでには6ヶ月前後かかるといった調査結果もあります。

 

オムツが外れるまでのステップ

オムツが外れるまでのステップ

 オムツ卒業までには3つのステップをクリアする必要があります。

 

  1.  トイレはおしっこやウンチをする場所であることを認識する
  2. 「おしっこしようか?」と促すとトイレに行っておしっこやウンチができるようになる
  3. おしっこが出る前に自らトイレに行きたいことを伝えられる 

 

トレーニングをしなくてもいつかは自然とオムツが外れる?

いつかはオムツを卒業するだろうと安易に考えていたので、2歳半になるまで特にトイレトレーニングはしていませんでした。

2歳半を過ぎてもオムツが外れる兆しがまったくなかったので「このままではまずいぞ!」と思い、少しずつトレーニングを開始しました。

特に何もしなくてもオムツが外れることもあるかもしれませんが、オムツ卒業に向けて親子で頑張りましょう。

 

 

トイレトレーニング必須アイテム

必須アイテムは「補助便座」と「パンツ」の2つだけです。

必要だったものって結局この2つだけでした。

 

補助便座

子供がトイレに座れないとトイレトレーニングができないので補助便座は必須です。

補助便座

オマルを使った時期もありましたが、意外に場所を取ることと、洗浄するのが手間で結局すぐに使わなくなりました。

最終的には、トイレでおしっこ、ウンチができるようになることを目標としているので、はじめから補助便座を使用することをおすすめします。

 

パンツ

おしっこで濡れて気持ちが悪いと感じさせることでトイレでおしっこ、ウンチをさせる作戦です。

わが家では「トレーニングパンツ」も使いましたが、結果的は「普通のパンツ」だけで良かったと思っています。

 

トレーニングパンツとは、普通のパンツとは違い、内側が何層かになっていて、少しのおしっこなら吸収してくれます。

なので、「トレーニングパンツ」でおしっこをしても教えてくれませんでした。

普通のパンツの方がびちゃびちゃに濡れるので、パンツをしたままおしっこをすると、より気持ち悪さを感じると思います。

 

結局、おしっこで濡れて気持ち悪いと感じることでトイレを促すなら、普通のパンツで十分です。

というより普通のパンツの方が効果はあります。

普通のパンツは、オムツを卒業した後も使うので、いきなり普通のパンツでトレーニングすることをおすすめします。

 

 

【ステップ1】まずはトイレに慣れること

トイレはおしっこ、ウンチをするところだと子供に覚えてもらいます。

 

わが家では、親がトイレをするところを見せたり、トイレに関する絵本を見せたりしました。

まずはトイレに慣れさせることです。

ご飯を食べた後には「トイレに行く?」と誘ったりしていました。

 

こんなことを2歳半から3歳まで、無理せずゆるく続けていました。

 

 

【ステップ2】少しずつトイレに行くようになったら

3歳になった頃から「トイレに行く」と誘うと少しずつトイレでおしっこをするようになりました。

しかし、ウンチはなかなかしてくれませんでした。

 

オムツでトイレをすることに慣れてしまっていた

3歳までは基本的にオムツで過ごしていたこともあり、オムツをした状態の方が安心しておしっこ、ウンチができる体になっていました。

 

わが子もウンチだけはオムツでする期間が続きました。

1日の中で親に余裕がある時は、子供がパンツで過ごす時間を設けることをおすすめします。

 

わが子はオムツに慣れ過ぎて、なかなかパンツを履いてくれませんでした。

 

子供の好きなパンツを買いに行くいく 

わが子はオムツに慣れ過ぎてパンツを嫌がる期間がしばらく続きました。

まずは子供が好きなキャラクターのパンツを一緒に買いに行きました。

それでもパンツを嫌がることもあったので、事あるごとに「このパンツかっこいいね」と褒めていました。

こういった期間を経て、3歳を前にしてパンツを履いてくれるようになりました。

 

 

【ステップ3】パンツで過ごす時間を長くする

パンツで過ごす時間を長くすると、はじめはパンツのままおしっこ、ウンチをすることもありました。

そうすると、手洗いしたり、床を拭いたりと手がかかるので、なかなかパンツで過ごすことに踏み切れませんでした。

いずれオムツは取れるかなと思っていたので。

 

3歳1ヶ月を過ぎた頃、そろそろオムツが取れないかと焦り出し、覚悟を決めてトイレトレーニングを頑張ることに。

 

やっぱりパンツで過ごす時間を長くすると、手はかかりました。

しかし、パンツのままトイレをすると子供自身が不快な思いをするので、自分からトイレに行くようになりました。

わが家の場合は、思い切ってパンツ過ごすようになってから、すぐにオムツを卒業しました。

パンツのままおしっこするかもしれませんが、親の声かけてでトイレに行くようになったら、思い切ってパンツで過ごすことをおすすめします。

もちろん卒業までにお漏らしすることは何度もありますが、結局この方法が卒業には近道だと思います。

 

実践したことは以下の通りです。

トイレがんばる

 

漏らしても絶対に怒らない

漏らすものだと思ってパンツのまましても絶対に怒りませんでした。

怒るとまたオムツに逆戻りです。

 

トイレでできた時は褒める、できなかった時はガッカリしない

トイレができたら褒める。

その気にさせることを大切にしました。

わが家では「トイレができたら見せてね」と話しかけていたら、おしっこ、ウンチをすると自慢げに見せてくれるようになりました。

とにかく褒めてその気にさせます。

 

逆に補助便座に座っても出ない時もあります。

残念がらず、頑張って座れたねと褒めてあげます。

出なくても残念がらないことが大切です。

 

親も頑張る決意が大切

親の決意が大切です。

卒業までにはトイレを失敗することも多々あります。

トイレトレーニングには親のサポートが必要になります。

ただし親に余裕がないと一緒にトイレトレーニングを頑張ることはできません。

余裕が持てる期間を頑張って作りましょう。

 

 

オムツ卒業のチャンスは暑くなる夏!

暑くなる夏

トイレトレーニングに夏は適しています。

 

洗濯物がすぐに乾くので助かる

おもらしをしても洗濯物がすぐに乾きます。

パンツがない!」といった状態に陥ることも少なくなります。
洗濯物がたまると親のストレスも溜まるので、洗濯物がすぐに乾くのは助かります。

 

薄着で過ごすことが多いのでトイレにすぐに行ける

薄着で過ごすことが多くなります。

薄着だとすぐにパンツを脱げるのでトイレに行きやすいです。

 

寒くないのでトイレを嫌がらない

寒い冬は服を脱ぐことも嫌ですよね。

トイレも寒いので、トイレに行きたがらないといったこともあるかと。
夏は便座に座って「冷たい 」といったこともないので、トイレトレーニングにはおすすめです。

 

 

まとめ

いつかはおむつを卒業するだろうと考えていましたが、3歳1ヶ月を過ぎてもなかなか卒業できず。
このままではまずいと焦り、腹を括って親子でトイレトレーニングを頑張る決意をしました。


パンツで過ごす時間を長くすることと、細目に「トイレ行く」と促すことをしました。
トイレを失敗することもありましたが、怒らず残念がらず、子供を励ましながら頑張りました。

すると意外にすんなり卒業できました。

 

何もしなくてもおむつが外れることもあるかもしれませんが、やはりおむつ卒業への道には親のサポートとその決意が必要になります。


親にも余裕がないとできないと思うので、余裕の持てる期間を設けて、いっきにトイレトレーニングを頑張ってください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。